学校概要

TOP > 学校概要 > 理事長・学校長挨拶

理事長・学校長挨拶

理事長挨拶

理事長 横川 秀男

学校法人栄戸学園横浜未来看護専門学校は、教育理念にも掲げておりますとおり「One for ALL,ALL for One」(一人は皆のために、皆は一人のために支え合う)の精神を建学の礎にしております。
個々人が、温かく思いやりのある心と確かな知識、優れた技術を備え、看護専門職業人としての自律と強さをもちつつ、保健・医療・福祉の各分野で協働チームの一員として、力を発揮し任務を遂行できる、そのような人材育成を行うことを目的として設立致しました。
また、豊かで活気に満ちた学校生活の中で、人と人との相互関係を形成し、成長し合い、コミュニケーション能力と豊かな感性を培う場としての教育環境も整備しております。

横浜から未来へと続く看護師への道をともに歩んでみませんか。

副学校長挨拶

学校長 岩渕 泰子

看護学校では、社会のニーズに沿い、平成21年4月より統合分野を含めた新カリキュラムが導入され、看護基礎教育にも幅広い知識、技術が求められるようになりました。平成25年4月開校した当校は、これらの新カリキュラムに対応できるよう、科目や教育環境を整えてまいりました。
当校は、学生一人一人を大切にした個別教育を重視し、質の高い知識・技術の習得は勿論、それぞれに命と向き合い、人を慈しむ自分なりの看護観を育てる事を大切にしています。そして、教職員自らが、校内や実習場、あらゆる場で看護に大切なチームワークを手本で示し、看護師になりたいという皆様の夢を大切に育てていきたいと考えております。

また、卒業後も、自分で考え行動ができる自律した看護師を育てていくことも目標にしています。


横浜から未来へ。皆様のご入学をお待ちしております。

 

pagetop